ニュース
» 2021年06月22日 07時00分 公開

「Amazon Connect」とは? AWSで電話窓口のクラウド化に成功した中小企業の事例3つ

中堅中小企業は大企業ほど十分な人的リソースを確保できるとは限らない。AWSが主催したセミナーで、中堅中小企業がコンタクトセンター業務をクラウド化して、生産性と業務効率を向上させた3つの事例が紹介された。

[指田昌夫,キーマンズネット]

 コンタクトセンター業務を中核事業とする中堅中小企業では、電話業務は、いわば事業の生命線だ。コールセンターや保守サポート窓口、問い合わせ窓口、予約受付、店舗の応対などが業務に含まれる企業もあれば、それらの委託を受けて事業とする企業もある。それぞれの業務には特有の課題があり、各課題は電話システムのクラウド化で解決できるという。

 Amazon Web Services(AWS)は2021年5月11〜12日に開催した「AWS Summit Online 2021」の中で、同社の提供するコンタクトセンター統合プラットフォーム「Amazon Connect」によって電話窓口業務のクラウド化に成功した3つの事例を紹介した。

サマリー

  • Amazon Connectで何ができるのか
  • 事例1.輪番制の「電話番出社」から従業員を開放、社用端末の貸与も不要に
  • 事例2.「年末年始だけ忙しいコンタクトセンター」で受電率20%アップ
  • 事例3.企画から稼働まで1カ月半、8人体制のまま対応回線を2倍に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。