特集
» 2021年06月04日 07時00分 公開

Google Workspace奮闘記、脱Officeのコープさっぽろが語る活用術4選

仕事のオンライン化を進め、非効率な業務にメスを入れてきたコープさっぽろ。同社はGoogle ドキュメントやGoogleスプレッドシートを余すところなく活用して、脱ファイルサーバや脱ワークフローを果たし、会議や資料作成の効率を“圧倒的に”向上させたという。果たしてその方法とは。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 生活協同組合コープさっぽろ(以下、コープさっぽろ)は2020年2月からGoogle Workspaceを活用し、業務のオンライン化に取り組んでいる。

 同社はGoogle ドキュメントやGoogleスプレッドシートの使い方を工夫することで、脱ファイルサーバや脱ワークフローを果たし、会議や資料作成の効率を“圧倒的に”向上させた。CIOの長谷川 秀樹氏はGoogleが2021年5月27日に開催した「Google Cloud Day: Digital ’21」に登壇。その工夫について紹介した。

 コープさっぽろはGoogleのユーザー会でも「脱Officeチーム」による業務改革といった印象的なキーワードで自社の取り組みを共有しているが、今回も同社ならではの活用術を共有している。

Google ドキュメントだけで会議を変革するTips

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。