特集
» 2021年05月25日 11時00分 公開

カゴメの「野菜あるある言いたい」AIって? 開発秘話から学ぶDXの極意

2016年から基幹システムの刷新に取り組み、成功させたカゴメ。現在は新たなビジネスの創出をテーマに、新しいシステムの開発に奮闘し「パーティ作成アプリ」「野菜あるある言いたいシステム」などを具現化している。その開発秘話から学ぶDXの極意とは。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 トマトケチャップなどの野菜食品や飲料で有名なカゴメは2016年から基幹システムの刷新に取り組み、SaaS(Software as a Service)の利用による業務効率化を実現した。今、同社はデジタル技術によって新しいアイデアを形にする、DX(デジタルトランスフォーメーション)のモード2のフェーズにある。性格の似通った従業員を集める「パーティ作成アプリ」や約2000万件のデータを機械学習の技術で解析した「野菜あるある言いたいシステム」など、数々の“わくわくするアイデア”を具現化している。

 しかし、全てがうまくいくわけではない。前者のパーティ作成アプリは、ある理由から従業員の使用頻度が下がってしまった。それでも、300を超える新しいアイデアが生まれ、プロジェクトが進んでいるという。同社は2021年5月にオンラインで開催された「AWS Summit Online」に登壇。これまでのDX推進の軌跡と新しいシステムの開発経験、そこから得られたDX推進の4つのポイントを共有した。

SaaSの利用でレガシーシステムを刷新

カゴメ 専務執行役員 渡辺美衡氏

 カゴメはトマトケチャップや野菜ジュースを主力製品とする企業だ。飲料や食品の老舗ブランドを守り続ける一方で、既存事業だけでは労働人口の減少や食に対する価値観の変化に対応できないという危機感からDXを推進してきた。

 カゴメの専務執行役員の渡辺美衡氏は以下のように語る。

 「ブランドを守るレベルを上げつつ、攻める力も付けなければならない。そのためにデジタル技術を活用して、まずは定型業務を効率化する。さらに、非定形でクリエイティブな業務を増やし、顧客とのタッチポイントを増やすことで、トップラインを上げる」(渡辺氏)

 2016年からレガシーな基幹システムを刷新に着手し、1000以上のアドオンの9割近くを削減した。SaaSを利用することで、ほとんどの業務がクラウドで完結する環境を構築している。また、リモートワークやサテライトオフィスの導入、人事制度の見直しを進め、2020年における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大時にもリモートワークへのスムーズな移行が実現した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。