ニュース
» 2021年05月21日 07時00分 公開

「マルチタスク削減で爆速開発」に変えたKDDIアジャイル開発チームが実践したこと

割り込みタスクやマルチタスクは業務生産性の低下を招く要因となり得る。特にスピードが求められるアジャイル開発においては、こうした要因を排除していかなければならない。KDDIのアジャイル開発チームは、エンジニアの生産性低下を回避するためにある工夫を考えた。

[土肥正弘,ドキュメント工房]
KDDI 須田一也氏

 KDDIは2013年からアジャイル開発を推進し、2016年にはアジャイル開発センターを発足、そして国内のアジャイル開発を啓蒙、促進させるためにScrum Inc. Japanを設立した。現在は、同社東京の虎ノ門オフィスのアジャイル開発部だけでも35チーム350人がアジャイル開発を進めている。

 それにより、家庭の電気使用量をモバイルアプリで可視化する「auでんき」のアプリ開発では、従来のウォータフォール型開発と比べて開発期間を約2分の1に、開発コストを3分の1に圧縮することに成功した。また最近では、沖縄の観光型MaaS(Mobility as a Service)アプリをわずか3カ月でリリースした事例もある。

 こうした高速開発は、同社アジャイル開発チームの業務改善の成果によるものだ。俊敏性を意味するアジャイルでの開発では、何よりもエンジニアそれぞれの業務効率が重視される。高速開発が実現できた背景について、KDDIのアジャイル開発部の須田一也氏が開発チームの裏側にあった苦労と工夫を語った。

KDDI開発チームが俊敏性を向上させるためにやったこと

 2015年11月のauでんきアプリ開発チームの立ち上げ時に、KDDI開発部スクラムチームのフラットなコミュニケーションづくりを目的として、初めてSlackを導入した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。