ニュース
» 2021年05月17日 19時00分 公開

ネットワーク仮想化市場は「ネクストノーマル」をどう進むのか?

今まで高い成長を続けてきた国内ネットワーク仮想化/自動化市場。同市場は、このまま右肩上がりの成長を続けられるのだろうか。市場調査の結果から今後の動向を読み解く。

[キーマンズネット]

 SDN(Software-Defined Network)に代表される国内ネットワーク仮想化/自動化市場。IDCが2020年4月に発表した予測を振り返ると、2019年〜2024年にかけて同市場の支出額は堅調に推移するとみられていたが、2020年の予測に変化は見られたのだろうか。IDC Japanが発表した調査結果を見ながら、今後の動向を動向を見ていく。

「ネクストノーマル」の社会における仮想化/自動化市場の未来

 IDCは、データセンターと企業ネットワーク向けを合計した国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、2025年にかけて年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)4.6%で拡大を続けると予測する。

国内ネットワーク仮想化/自動化市場 支出額予測(2019年〜2025年)(出典:IDC Japanのレポートより)

 これまで高い成長を続けてきた国内ネットワーク仮想化/自動化市場だが、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響を受けて、マイナス成長に転じた。データセンターのネットワーク仮想化/自動化市場はマイナス5.5%、企業ネットワークにおけるネットワーク仮想化/自動化市場はマイナス10.8%の前年比成長率となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。