コラム
» 2021年05月14日 09時30分 公開

副業がバレておびえる毎日、21年副業調査まとめ

キャリアアップのきっかけになるとして数年前からビジネスパーソンの関心を集めている副業や兼業。副業に関する幾つかの調査結果を抜粋して紹介する。副業への意欲や副業をする理由、副業がバレた原因やその結末といった内容も見受けられた。

[キーマンズネット]

 キャリアアップのきっかけになるとして数年前からビジネスパーソンの関心を集めている副業や兼業。徐々に副業を解禁する企業の事例が聞かれるようにもなった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークへの急激なシフトが進むなど、場所を選ばず働ける環境が整ったことで、副業に踏み出したケースもあるだろう。

 実際に副業はどれほど進んでいるのか。2021年の3〜4月に発表された副業に関連する調査の結果を抜粋して紹介する。調査では、副業への意欲や副業をする理由、副業がバレた原因やその結末といった内容も見受けられた。

副業がバレておびえる毎日、まだまだ市民権を得ていない企業も

 従業員が副業に取り組みたいと考えても、それが制度として認められている企業ばかりではない。まずはビズヒッツが「副業がバレた経験がある」294人を対象に実施した調査(期間:2021年3月10日〜24日)から、副業がバレた原因や副業がバレて困ったことを紹介する。

 「副業がバレた理由」を聞いた質問では、「副業しているところを見られた」という理由が109票と最も多く、2位は「PC・スマホを見られた」(35票)、3位は「給与・税金の手続きで」「ついしゃべってしまった」(いずれも28票)だった(図1)。

 2位については、「仕事で使うPCで副業の取引先とのメール画面を開いたまま席をたってしまい、 同僚に画面を見られてバレた」「PCの履歴から判明した」などのコメントが見られ、勤め先企業のPCで副業をする“猛者”も見受けられた。3位に関するコメントでは、「人事担当者が住民税が異様に高いことに気付いた」「酔った勢いで自分から暴露してしまった」などのエピソードが寄せられた。

図1 副業がバレた理由

 また「副業がバレて困ったこと」を聞いた質問は以下のような結果になった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。