特集
» 2021年05月10日 07時00分 公開

SaaSアカウント管理とは? IDaaSとの違い、働き方の変化に合わせるコツを解説

企業が使うSaaSの数は数十とも数百ともされる。SaaSの権限管理の漏れは重大なインシデントにつながるリスクがあるが、これらを表計算シートで管理するのは現実的ではない。外部パートナーを含めた人材情報とアカウント情報を一元的に管理する方法とは。

[高橋睦美,キーマンズネット]

 SaaSの特長は、初期投資や事前のインテグレーションが不要で、必要なときにすぐ使い始められる点にある。しかも支払いは「利用した分だけ」なのでコストパフォーマンスも良い。ITベンダーが自社サービスをSaaSとして提供する例もどんどん増えている。

 そのため現在、企業の規模を問わずにほとんどの企業が何らかのSaaSを使っている。これらのアカウント情報の管理は「表計算シートの参照」や「人事や現場部門から申請を受けてIT部門が対応する」といった手法がとられがちだ。しかしそれでは、今後も増え続けるSaaSに対応しきれず、さまざまなリスクの温床になる。

 SaaSアカウント管理によってSaaSの特長を生かし、管理の課題を解消して、従来の管理手法では対応しきれなかった効率化が可能になる。本稿では、SaaSを取り巻く現状とアカウント管理における課題、IDaaSとの違いなどについて解説していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。