ニュース
» 2021年05月11日 07時00分 公開

国内データセンターの建築ラッシュ続く、2025年までの市場予測

IDC Japanが国内事業者のデータセンターの延床面積予測を発表した。2020〜2025年までのCAGRは6.7%を見込み、建築ラッシュに伴う関連産業の需要増も予測される。

[キーマンズネット]

 IDC Japan(以下、IDC)は2021年5月6日、国内のITベンダーやITサービス事業者、通信事業者、クラウドサービス事業者などが国内に所有または賃借するデータセンター建物の延床面積予測を発表した。2020〜2025年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を6.7%と見込み、2025年には東京ドームおよそ72個分にあたる、339万8000平方メートルまで増加すると予測している。

編集部注:東京ドーム1個分の広さを4.7平方キロメートルとして算出

ハイパーデータセンター建築に関連する産業の需要増に注目も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。