ニュース
» 2021年05月12日 07時00分 公開

国土交通省が描く新デジタルツイン構想「Project PLATEAU」って何?

都市の幾何学構造ばかりでなく建造物の役割や災害リスクまでの視覚化を目指す国土交通省のプロジェクト「Project PLATEAU」の成果がオープンデータとして公開され始めた。公共目的と産業応用の両面で期待が膨らむ、この新「デジタルツイン」構築計画を解説する。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

3Dマップに「意味」を付加する「Project PLATEAU」

 都市空間を3Dモデルで表現する「デジタルツイン」構築の試みが各国で進められている。日本で21年の3月にオープンデータとして公開された国土交通省都市局が進める「Project PLATEAU」の3D都市モデルは、公共および産業への応用が期待される計画だ。

 数ある都市3Dモデルと同様に地形や建造物の幾何形状を精密に表現し、その上に建物などの役割や耐災害性など、都市構造の意味(セマンティクス)も合わせてモデリングする。データの標準仕様が複数のガイドブックとともに公開され、国内44のユースケースも紹介された。

 3D地図に意味を付加するとはどういうことなのだろう。仕組みの紹介の前に、同プロジェクトでのユースケースをみてみよう(図1)。

図1 3D都市モデル活用事例:土地利用状況の2D可視化(左)と、さらに建物利用状況の情報を加えた可視化(右)例(資料 国土交通省Project PLATEAU「3D都市モデルのユースケース開発マニュアル(公共活用編)」より)

 図1右では名古屋市の地形と地表面の画像、建物などの3次元形状が鮮やかに描かれている。3Dマップは例えばNTTデータやゼンリンなどの国内ベンダーから有償提供されているものや、無償で一部公開されている国土地理院のオープンデータなどがある。

 しかしProject PLATEAUの3Dモデルには他にはない特徴がある。ただ物理的な形状を再現するだけでなく、さまざま情報が地図空間に組み込まれているのだ。

 図1左は2次元の土地利用現況図を用いた利用現況ごとの色分けがされているのだが、そのデータに加えて、都市計画基礎調査における建物利用現況の情報を重ね合わせることで、同図右のような描画が可能になった。土地利用現況とは、用途別の土地利用面積などを指し、建物利用現況は建物用途(棟数、建築面積、延床面積)、階数(地下、地上)、構造、建築面積、延床面積、建築年、耐火構造種別の各情報が含まれる。

 それらの属性を3Dマップ上で表示/非表示、色分けして表示できる。フィルター機能によって、注目する属性をもつ建物だけを表示できるので、例えば「鉄筋コンクリート造で3階建て以上の高さ、屋上テラスがあるビル」と属性指定すれば、洪水災害などの際に垂直避難可能な建物の所在が直感的に把握できる。これを実際に可視化した例に郡山市のフィージビリティスタディーがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。