特集
» 2021年04月30日 11時00分 公開

話題のAI資格「G検定」とは? 数学苦手の記者が育休中に受けてみた編集後記

AI(人工知能)の基礎的な知識が身に付くとして認知度を上げているG検定。数学苦手の“ド文系”で、育児休暇中の記者が受験してみました。20日で挑んだ際の勉強方法やおすすめの参考書、受験のメリットをまとめます。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 AI(人工知能)分野の資格試験として「JDLA Deep Learning for GENERAL」(G検定)という試験があります。AIに関する基礎的な知識が身に付くとして認知度を上げており、2020年の11月にキーマンズネットで実施した「IT関連の資格保有に関するアンケート」でもG検定に興味を持っているとのコメントを多くいただきました。

 この編集後記では、筆者がG検定を受験した体験についてお伝えします。別途「G検定とは?」(仮題)という記事を公開する予定ですが、本記事はド文系の筆者がドタバタの育休中にG検定をほぼゼロから受験した感想、勉強時間を確保する方法、おすすめの参考書、受験のメリットなどを書きました。「感想が10割」ですが、AIについてゼロから学びたい方、G検定の受験を考えている方の参考になればうれしいです。

G検定とは

 G検定は日本ディープラーニング協会が開催する資格試験で、公式Webサイトに「ディープラーニングを事業に生かすための知識を有しているかを検定する」と記載されています。試験名に「for General」とあるように、幅広い職種のビジネスパーソンを対象としており、非エンジニアも合格を目指せる内容です。

G検定のシラバス

  • 人工知能分野の問題
  • ディープラーニングの概要
  • ディープラーニングの社会実装に向けて
  • 人工知能を巡る動向
  • 機械学習の具体的手法
  • ディープラーニングの手法

 筆者は、2020年の11月にG検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020#3」を受験しました。育児休暇中でしたが、子供の夜泣きが減り、他のことを考える余裕が出てきたので「AIのことでも勉強してみようかな」と軽い気持ちで受験を決めました。

 結果なんとか合格できました。例年合格ラインは非公開ですが、合格率は5〜7割程度。自宅からオンラインで受験できるので、試験中はWebや書籍で分からない単語を調べられます。とはいえ120分間で約220問を解かなければならず、全てを調べていては時間が足りません。対策なしで合格は難しそうです。

受験前の知識はゼロ(あっても1程度)、数学は悲しい状態

 受験前は、AIに関して「多量のデータから何らかの傾向を導き出し、未知のデータについて推論するものなんだな〜」という漠然とした解釈とともに、「何かのデータを入れたらガラガラポンと答えが返ってくるもの」というイメージを持っていました。機械学習やディープラーニング、教師あり(なし)学習、強化学習……といった用語について何となく知っている程度だったと思います。

 AIに関する取材の機会はあったものの、取材を受けてくださる方々は平たい言葉で分かりやすく説明してくれるので、「ガラガラポン」の中身がどうなっているのか、きちんと理解していたとはいえませんでした。また筆者は文系出身で、大学時代は数学と無縁でした。数字や数式に対する苦手意識があり、見るだけで気持ちが沈むような状態でした。

数学は必要? 文系にも合格は可能?

 「AIの試験だから難しい数式が出てきそう」と不安になる方もいらっしゃると思いますが、G検定は計算が必要な問題はごくわずかでした。仮に計算問題を落としてしまっても他の問題で十分カバーできると思います。

 ちなみに、AIの本質を理解するためには「微分、積分」「ベクトル、行列」「指数関数、対数関数」「多変数関数の微分」「確率、統計」について分かっていなければならないそうです。試験勉強をはじめた当初は私も「数学をきちんと勉強しよう」と意気込みました。しかし、人が数年かかって勉強することを一朝一夕で身に付けられるはずもなく、微分の導関数を自動的に求める方法だけ覚えて試験に臨みました。

勉強時間とおすすめの参考書

 試験の数カ月前に、AIの概要を解説した本をちらりと眺めていましたが、試験勉強に費やした時間は試験前の20日間ほどでした。多いときで1日2時間、たいていは30分〜1時間ほど勉強できれば御の字というところ。子供のお昼寝の時間、就寝前に取り組んでいました。ちなみに「今日は寝たい」という日は遠慮なくお休みしています。人間というもの、英気を養わなければ何もできません。

 以下が、使用したおすすめの参考書と学習方法です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。