特集
» 2021年04月30日 08時00分 公開

新卒採用と中途採用で内定辞退やアンマッチを防ぐには?

新卒採用と中途採用は、採用期間やスケジュール、応募者との接点の作り方、採用後のフォローなどが異なるために、採用管理で留意すべき点も違う。3分で分かるよう解説する。

[キーマンズネット]

 新卒採用と中途採用は、採用期間や応募者との接点の作り方、採用後のフォローなどが異なり、スケジュール調整や応募者情報の管理、応募状況の確認といった採用管理業務は別の動きが求められる。本稿では、採用管理を実施するにあたって、新卒採用と中途採用でそれぞれどのような点に留意すべきかを簡単にまとめた。

新卒採用の開始時期は年度によってバラバラ

 大前提として、新卒の一斉採用は、年度によって時期が変わる。新卒採用において、企業エントリーの開始日や選考活動の日程は目安が定められ、企業が足並みそろえて採用活動をスタートさせる。例えば、2022年4月入社に向けた新卒採用であれば、広報活動は2021年3月に、面接などの選考は2021年6月に開始する、というスケジュールが考えられる。

 以前は一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)がこれら日程を含めた就活ルールを取り決め、年度によって選考スケジュールを変更していたが、2021年入社を対象とした新卒採用以降、就活ルールを廃止すると発表した。今後は政府が主導して新たなルールを決めることになるという。現時点で政府は、混乱を防ぐなどの目的で22年卒の学生に対しても現行ルールを適用する方針を定めているが、今後はどうなるか分からない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。