ニュース
» 2021年04月20日 10時00分 公開

IBMがプロセスマイニングの会社を買収、狙いは

IBMは、プロセスマイニングソフトウェアを手がけるイタリアのmyInvenioを買収することで同社と最終合意した。買収が完了し次第、IBMはmyInvenioの機能を、IBM Cloud Pak for Business AutomationなどのIBMの自動化ツール群に統合する。その狙いとは。

[キーマンズネット]

 日本IBMは2021年4月19日、IBMが、プロセスマイニングソフトウェアを提供するイタリアのmyInvenioを買収することで同社と最終合意したと発表した。買収金額は非公表。この買収によってIBMは、ビジネスプロセスをデータに基づいて特定するソフトウェアや、AIを活用してビジネスを自動化するソリューションを提供する。

 IBMはmyInvenioを、OEM契約に基づいて買収する。買収が完了し次第、IBMはmyInvenioの機能を、「IBM Cloud Pak for Business Automation」などのIBMの自動化ツール群に統合する予定だ。IBMでは、2021年第2四半期内には買収が完了する見込みだとしている。この買収によって、IBMの自動化ツール群で何が可能になるのか。

プロセスマイニングソフトウェア「myInvenio」で何ができるのか

 プロセスマイニングとは、ERP(Enterprise Resources Planning:企業資源計画)やCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)、SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)といった各種アプリケーションのイベントログを分析することで、業務プロセスの問題点を発見し、改善する手法だ。myInvenioのソフトウェアは、業務上の非効率的な点や、障害、自動化可能な点を明らかにすることで、企業の運営コストを削減し、顧客サービスを向上させる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。