ニュース
» 2021年04月19日 12時45分 公開

テレワークで“オワコン化”するファイルサーバ 今さら聞けない「脱ファイルサーバ」の要点と注意点

働き方や就労場所が多様化する中で“脱オンプレ”の動きが進む。ファイルサーバもそのうちの一つだ。ワークシフトを進める上でネックとやすいオンプレファイルサーバの今後をどう考えるべきか。脱ファイルサーバのポイントと企業の動きをまとめたブックレット(全17ページ)を提供する。

[キーマンズネット]

ワークシフトの障壁となるオンプレファイルサーバの対処法

 企業がワークシフトに本腰を入れる中で、“脱オンプレ”の動きが見え始めている。その一つにあるのが「ファイルサーバ」。単にファイル置き場をクラウド化すればいいというだけではなく、ファイルサーバの欠点や制約をどう解消するべきか、など企業コミュニケーションを俯瞰(ふかん)して考える必要がある。

 本ブックレットでは、脱ファイルサーバで考慮に入れたいポイントをまとめて解説するとともに、コロナ禍におけるファイルサーバの運用実態に関する調査結果を併せてお伝えする。他社のファイルサーバの運用実態を参考に、ファイルサーバのニューノーマル対応を考えてみてはどうだろうか。

ブックレットサマリー

  • なぜ「脱ファイルサーバ」はクラウドシフトだけでは不十分なのか
  • クラウドストレージサービス選定で陥りやすいポイント
  • オンプレミスファイルサーバの廃止意向の割合と検討状況
  • ファイルサーバの後継としてのクラウドストレージ、利用が進んでいるサービスは?

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレット(全17ページ)は、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に再構成しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。