特集
» 2020年04月16日 10時00分 公開

「紙からの解放」で、バックオフィスをリモート化。AI-OCR×RPAの応用拡大を続けるリコージャパンの挑戦

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

新型コロナウイルスの感染予防対策として、人が集まるオフィスや交通機関を利用しない「リモートワーク」が、にわかにクローズアップされている。その一方、リモート勤務の拡大を検討している企業では「押印で決裁を取るため出社が必要」「オフィスで保管している原本がなければ進められない」など、「紙文書」を前提とした従来からの業務手順が壁になっているケースも少なくないようだ。

こうした中、はからずも2019年からバックオフィスの業務効率化策として積極的なペーパーレス化を進め、仕入に関する会計処理業務をすでにリモート対応させていたのが、リコー製品を中心とした商品・サービスを提供するITソリューションプロバイダーであるリコージャパン株式会社だ。AI-OCRのクラウドサービスとRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を併用した業務改革の成果、そしてバックオフィスのペーパーレス化がもたらす新たなワークスタイルの意義について、導入部署の担当者らに聞いた。

■記事内目次

  • ペーパーレス化・クラウド化が、請求データ処理担当者の在宅勤務を実現
  • .現場でのツール操作は最小限。「脱・手入力」で、確認工程を大幅に簡素化
  • 移行への不安解消に「あえて行うこと」とは

ペーパーレス化・クラウド化が、請求データ処理担当者の在宅勤務を実現

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。