ニュース
» 2021年04月13日 07時00分 公開

国内ERP市場、2024年までの見通しは? ITR市場予測を読む

ITRは国内のERP市場について、提供形態別とパッケージ製品の運用形態別で、2024年度までの売り上げを予測した。2019年度の売上金額は、対前年度比12.4%増の1128億円。2019〜2024年度のCAGRを9.5%と見込み、2024年度の市場規模は1775億円と予測する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールは2021年4月8日、「ERP市場2021」を発表した。国内のERP市場について、提供形態別と、パッケージ製品の運用形態別で、2019年度の売り上げ実績を調査し、2024年度までの売り上げを予測した。

 ERP市場の2019年度の売上金額は、対前年度比12.4%増の1128億円。既存ユーザーのリニューアルやシステム拡張が進み堅調に推移した。2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で営業活動が低下するなどして、近年ではやや低い同5.8%増と予想する。今後は、老朽化したERPシステムに対する再構築需要が見込まれることから、2019〜2024年度のCAGR(年平均成長率)を9.5%と見込み、2024年度の市場規模は1775億円と予測する。

全体的には伸びが続く中で「共食い」する分野と急伸する分野に二分

 提供形態別では、2019年度から2020年度にかけては、パッケージはほぼ横ばいで推移したのに対して、SaaSは急拡大した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。