ニュース
» 2021年04月05日 12時30分 公開

「Box」と「Microsoft 365」との連携強化で何がどうなるのか?

Box JapanはMicrosoft 365とのシームレスな連携とクラウドセキュリティを容易にするために、Microsoft 365との統合機能を拡充し、セキュアなコラボレーションに向けたセキュリティ機能を追加する意向だ。

[キーマンズネット]

 Box Japanは、「Microsoft 365」との統合機能を拡充し、「Microsoft Teams」や「Microsoft Office Online」などとの連携強化、そして新たなセキュリティ機能の追加や「Microsoft Graph」向けのコネクターを追加すると発表した。

意図せぬ機密情報の共有を防止、2つの新セキュリティ機能を追加

 まずセキュリティに関しては、2つの機能を追加する。

 1つ目は、「Microsoft Information Protection」の分類ラベルをインポートし、Boxでの分類ベースのインラインセキュリティコントロールに適用する機能だ。機密データへのアクセスを許可されたユーザーのみに制限でき、意図せぬ機密情報の共有を防げる。2021年5月に提供開始予定だ。

 2つ目は、「Microsoft Intune」の保護ポリシーに関する拡張機能だ。これは、ポリシーの適用対象となるドキュメントのコピーをBoxのみに保存できるようにする機能で、コンテンツのフロー管理を容易にする。これまでは一部のユーザーにのみ提供していたが、一般提供を始める。

BoxとTeamsとの連携強化で何がどう便利になるのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。