特集
» 2021年04月05日 07時00分 公開

クラウドRPAとは? テレワークの生産性をアップする方法を解説

RPA活用を進めた企業と進めきれなかった企業の差が、コロナ禍でさらに広がった。コロナ禍をきっかけに働き方が大きく変わる中で、どのように業務自動化を進めるべきか。テレワークの生産性をアップするクラウドRPAの選び方とは。

[吉村哲樹,キーマンズネット]

 クラウドRPAとは、ベンダーが提供するクラウド上で動作するRPA(Robotic Process Automation)を指す。デスクトップ型やオンプレミス型との違いは「インターネットを経由してクラウドサービスにログインし、Webブラウザで実行する処理を自動化する」点にある。サーバの構築を自社でする必要がないこと、ごく小規模な試用からのスタートができること、セキュリティ対策の一部をベンダーが確保していることなどの利点がある一方、インターネットを経由しないシステムや既存のレガシーシステムとの連携が難しいといった弱点もあった。

 しかし昨今、テレワークやリモートビジネスの普及によってクラウドRPAが活躍する機会が増えている。コロナ禍における企業のRPA導入状況やニューノーマル時代ならではの強み、陥りがちな課題などから、クラウドRPAの可能性と業務自動化を成功させるコツを解説する。

コロナ禍において企業の「RPAリテラシー」に大きな差が

 ルーティンワークを自動化して企業の生産性向上に寄与するツールとして「RPA(Robotic Process Automation)」が注目されている。しかし、RPAを導入して一定の効果を上げる企業の事例が目立つ一方でなかなか導入に踏み出せない企業や、導入してみたものの当初想定していたような効果が得られずに利用をやめてしまうケースも少なくない。

 2020年にキーマンズネットが実施したアンケート調査では、27.6%の企業が「本格展開完了」もしくは「本格展開中」と回答した一方で、およそ23%が「現在導入しておらず、今後も導入する予定はない」と「導入の検討やトライアルの後に取りやめた」と回答し、RPAを活用している企業と導入を取りやめた企業の数が拮抗していることが分かった。

2020年実施、勤務先におけるRPAの導入状況(n=895)

 また同調査では、RPAによる自動化に適しているとされる「繰り返し作業、単純な確認作業、定型的なデータ入力」が「業務の半分以上を占める」と回答した割合が42.5%に上った。RPAを展開している企業は27.6%であることから「RPA向きの作業があっても、3社に1社は自動化していない」と推測できる。

 RPAの導入メリットをうまく享受できている企業と享受できていない企業とに二極化されている状況に、コロナ禍が拍車を掛けた。

 コロナ禍中におけるテレワークで重要なのは「出社しなくては実施できない業務の削減」だ。コロナ禍以前からUiPathのRPA製品を導入していた食品メーカーは社内業務の自動化・省力化を進めていたため、コロナ禍において比較的スムーズにテレワーク移行ができた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。