コラム
» 2021年04月01日 07時00分 公開

自治体業務の効率化、老舗商社のシステム刷新、不動産テック――3つのRPA導入事例ブックレット

RPA導入の成功と失敗の分岐点はどこにあるのか。RPAの業務適用に成功した3つの事例から、ニューノーマル(新常態)時代におけるビジネスのデジタル化/自動化成功のヒントを探る。

[キーマンズネット]

 RPA(Robotic Process Automation)は人材不足や働き方改革の課題を解消し、ビジネスの生産性を上げる「魔法の杖」として大きな期待をかけられていた。しかしコロナ禍によって働き方改革のトレンドはテレワークに移行した。RPAの導入を先送りにした組織もあるだろう。しかし、直近の業務を回すと同時にコロナ禍以前からRPAの導入を進め、成果を上げる組織も出ている。

 本ブックレット(PDF、18ページ)では3つの事例から、ニューノーマル(新常態)時代におけるビジネスのデジタル化/自動化成功のヒントを探る。


  • RPAで業務削減率「84%」、何が起きたのか?
  • フラストレーションの先にあった、現場の「気付き」
  • 30分の作業を1分に短縮、不動産業界の「2大闇作業」にメス

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレットは、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に制作しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。