調査リポート
» 2021年03月16日 07時00分 公開

「スマートフォン」シェア(2020年第4四半期/通年)

外資系メーカーがスペックや価格に幅のある製品展開でしのぎを削る中、国産メーカーの独自の生き残り戦略が数字にも表れた

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、2020年の第4四半期(10〜12月)と通年のスマートフォン出荷台数および各ベンダーのシェアを発表した。それによると、第4四半期のスマートフォン出荷台数は、前年同期比10.3%増の1130.1万台だった。通年では前年比5.9%増の3302.8万台だった。同社は「5G対応モデルや『iPhone SE』などの比較的廉価な4Gモデルが多く発売されたことが要因と考えられる」としている。

  第4四半期のベンダー別市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーはAppleで53.2%とトップシェアを維持した。5G対応の新機種を中心に出荷台数を伸ばし、前年同期比13.8%増の601.5万台となった。Android OS端末は中間〜低価格帯の製品が多く出荷され、前年同期比6.5%増の528.6万台となった。

 2位以下のシェアを見ると、2位のベンダーは12.2%、3位は6.9%、4位は6.7%、5位は6.5%だった。

2021年第4四半期/通年スマートフォンシェア(出典:IDC Japan)

 2020年通年のベンダー別市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーは47.3%でトップシェアを維持。2位のベンダーは12.7%、3位は8.5%、4位は8.2%、5位は7.2%だった。

 外資系企業は激しいシェア争いの中で、5G対応のハイエンドモデルや中間価格帯のモデルなどを展開している。シェアの大部分を外資系ベンダーが占める中、国内企業は時間や購買力に余裕のある中高年層である「エルダー層」を狙った製品展開が好調だった。

 IDC Japanのシニアマーケットアナリストである菅原 啓氏は「端末の平均単価の下落傾向は続いており、出荷台数の少ないベンダーにとっては厳しい情勢が継続する」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。