ニュース
» 2021年03月05日 09時01分 公開

チャットbotが1on1を代行も Teams組み込み型人事管理システムとは

テレワークによって見えなくなってしまった情報を現場のマネジャーが苦労して吸い上げていないだろうか。システムで補えば、工数を増やさずに情報を取得し、業務全体の生産性を上げられる。その方法とは。

[キーマンズネット]

 テレワークを導入した企業に共通する課題が、コミュニケーションの減少だ。対面であれば自然と共有できていた情報の取得が困難になっている。

 それを補うためには、よりこまめなミーティングな1on1などを実施して、メンバーのフォローや情報の吸い上げをする必要がある。しかし、現場のマネジャーの負荷が大きく、リモートに最適化できていないシステムを人間の努力で補っている例が一般化している。

 現場の負荷を増やさずに情報を取得し、マネジャーやチームメンバーに適切に割り振って業務全体の生産性を上げるシステムがある。

Microsoft Teamsを利用して「誰が何を知っているか」を把握

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。