ニュース
» 2021年03月04日 07時00分 公開

最新版の「Box Shuttle」はクラウドシフトの救いの手となるか?

Box Japanは「Box Shuttle」を刷新する。オンプレミスシステムやクラウドとの各種コネクタを備え、ペタバイト規模のデータ移行を可能とする。

[キーマンズネット]

ペタバイト規模のデータ移行も可能なBox Shuttle

 クラウドシフトは、企業において優先課題の一つとなっている一方で、コンテンツの移行の複雑さと移行にかかるコストが障壁となっている。その中、Box Japanは2021年3月3日、「Box Shuttle」を刷新すると発表した。Box Shuttleは、データをBoxに移行するためのサービスだ。アクセス権限の設定や、大規模データの移行が可能だ。

 Box Shuttleは、ペタバイト規模のデータ移行を可能とし、オンプレミスのシステムやクラウドとの各種コネクターを備える。例えば、「Microsoft SharePoint」や「Microsoft OneDrive」「Google Workspace」「Egnyte、Documentum」「OpenText」「FileNet」といったシステム向けのコネクターがあらかじめ用意されている。

Box Shuttleの画面(出典:Box)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。