ニュース
» 2021年03月01日 11時45分 公開

日本はまた世界から遅れるのか 電子サイン利用の意識差が明らかに

電子サインの利用意向は世界的に旺盛だが日本は他国と比べて保守的な傾向があり、一方で政府への期待は高い。世界との意識差が出ていることが分かった。

[キーマンズネット]

 コロナ禍をきっかけにビジネスが非対面化し、さまざまなコミュニケーションや契約をリモートで完結させるITの普及が進んでいる。その中でも電子サインの利用は世界的に拡大が続くが、日本には保守的な傾向が残っている。日本のビジネスシーンは電子サインをどう見ているのか。

電子サインに及び腰の日本、なぜ?

 アドビは2021年2月26日、電子サインの使用に関する調査結果を発表した。それによると、電子サインの利用意向は世界的に旺盛だが、日本は他国と比べて利用意欲が低く、電子サインの安全性に対する関心が極めて高いことが分かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。