特集
» 2021年02月22日 08時00分 公開

クラウド時代の認証基盤「IDaaS」導入のススメ

企業の業務システムがクラウドへ移行するなか、各クラウドへ柔軟にアクセスするための認証基盤としてIDaaS導入が企業で検討されている。そんなIDaaS活用のメリットなどについて詳しく見ていきたい。

[酒井洋和,てんとまる社]

多くの企業で利用されている認証基盤「Active Directory」

 さまざまな業務システムに安全にアクセスするためには、何らかの認証基盤を経由するのが一般的だ。社内の各種業務アプリケーションを利用するためには、IDとパスワードによる認証が必要になる。誰でもアクセスできないよう認証基盤を厳格に管理することはセキュリティ上のメリットが得られるだけでなく、認証基盤を統合することで利用者はアプリケーションごとにIDやパスワードを覚えておかなくてもアクセスできるシングルサインオン(以下、SSO)環境を実現できる。

 企業における認証基盤の中心にあるのは、「Windows Server」に搭載されたディレクトリサービス「Active Directory」(以下、AD)だろう。もともとはオンプレミス環境に構築されたWindowsアプリケーションに対する認証基盤として採用されていたが、最近ではSaaS(Software as a Service)などのクラウドアプリケーションへのSSOが実現できるよう、ADに備わっているADFS(Active Directory Federation Service)機能を利用するケースもあれば、「Microsoft Azure」の認証サービス「Azure AD」と連携するための「Azure AD Connectサーバ」をオンプレミスに設置し、「Microsoft 365」やその他のSaaSと連携させるケースもある。

IDaaSが注目されるワケ

 すでにADを中心に認証基盤が整備されているなか、なぜIDaaS(IDentity as a Service)が今注目されているのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。