ニュース
» 2021年02月19日 08時00分 公開

テスラの大規模リコール、原因は思いもよらぬメモリ問題:600th Lap

最先端技術を搭載したTeslaのEVリコール問題が話題となった。リコールに伴う費用は日本円にして200億円超というが、そんな大規模リコール問題の原因となったのは、意外なものだった。

[キーマンズネット]

 世界的にCO2排出減の動きでEV(Electric Vehicle:電気自動車)に注目が集まっている。東京都も2030年までにガソリン車の新車販売廃止を目指している。そんな世界的なEVムーブメントの火付け役といえば、Teslaだろう。EVの専門ベンダの先駆者である同社は車好きはもちろん最先端テクノロジーが満載でIT関係者たちの耳目も集めている。

 そんなTeslaが送り出したEVに、過去最大規模のリコール問題が持ち上がった。まさか、あのメモリがリコールの原因だったとは……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。