ニュース
» 2021年01月28日 07時00分 公開

ファイルサーバとクラウドストレージの利用状況(2021年)/後編

後編はクラウドストレージの利用状況に焦点を当てて深堀していく。現在、クラウドストレージを利用、ファイルサーバと併用しているとした人に対して、利用しているサービスを尋ねたところ、あのサービスが過半数を占めた。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2020年12月28日〜2021年1月11日にわたり「ファイルサーバの利用状況」に関する調査を実施した。全回答者数128人のうち、情報システム部門が33.6%、製造・生産部門が24.2%、営業・販売部門が11.7%、総務・人事が6.3%と続く内訳であった。

 今回は主にクラウドストレージの利用状況、利用を予定、検討する理由などを調査した。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

コロナ禍を経てファイルサーバからクラウドストレージへの移行は進むのか

 前編では、ファイルサーバとクラウドストレージの利用状況や不満に感じるポイント、ファイルサーバとクラウドストレージにまつわるトラブル事例などを紹介した。回答者のうち何らかの形で「ファイルサーバを運用している」とした割合は9割以上という結果が見えた。

 テレワークの推進によるクラウドシフトを背景に、クラウドストレージの利用も進みつつある。前編でも触れたが回答者の39.8%が「ファイルサーバとクラウドストレージを併用している」としており、全体でも43.7%と半数に届く勢いだ。この結果を2019年1月に実施した同様の調査と比較したところ、2019年は33.2%であったことから、この2年で10.5ポイント増と年々利用が拡大傾向にあることが分かる。そこで、後編では主にクラウドストレージの利用状況に焦点を当てて、調査結果を見ていく。

 クラウドストレージとファイルサーバの併用割合は全体の約4割を占め、クラウドストレージ利用者の9割がファイルサーバと併用しているのが実情だが、ファイルサーバから完全にクラウドストレージへの移行を考えている企業はどの程度あるのだろうか。

 「ファイルサーバのみを利用している」とした回答者に対して、今後、クラウドストレージを利用する予定があるかどうかを聞いたところ、「予定がある」として割合は6.0%、「検討中」が19.4%となり、合わせて25.4%がクラウドストレージの利用を予定、検討している(図1)。関連して、ファイルサーバを利用する「予定がある」「検討中」とした回答者に対して、ファイルサーバとの併用か、もしくは完全にクラウドストレージへの移行かどうかを尋ねたところ、「ファイルサーバとクラウドストレージを併用する予定」が70.6%と過半数を占め、「ファイルサーバを廃止予定」は17.6%であった。

図1 「ファイルサーバのみを利用している」とした人のクラウドストレージの利用意向

 クラウドストレージの利用は進んでいるものの、完全なクラウドシフトはまだ時間がかかるようだ。COVID-19の世界的流行を背景に国内でも一部地域で2度目の緊急事態宣言が発令された。今後、働き方の変容がさらに進むと考えられるが、情報漏えいなどのセキュリティリスクを鑑みると、完全に移行するのは難しいというのが実情なのだろう。今後も柔軟性や効率性、セキュリティリスクやコスト面で自社にとってのバランスを見定めながら進めていく併用運用が現実解となりそうだ。

今、勤務先で利用が進むクラウドストレージはどれか

 次に、クラウドストレージを利用もしくは併用しているとした回答者に対して、現在利用しているクラウドストレージサービスを尋ねた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。