ニュース
» 2021年01月27日 13時00分 公開

営業活動のオンライン化はどの程度進んだのか? 営業向けSaaSカオスマップ

かつてインサイドセールスといえば、対面商談の前に実施する「電話によるアポイント獲得」のことだった。しかしコロナ禍によって、非対面の営業活動が普及しつつある。

[キーマンズネット]

 営業活動の中にある「見込み客の獲得」には、これまで展示会やテレアポといった手段が取られてきた。その他の営業活動においてもオフラインコミュニケーションが多く、商談の際には相手先に訪問して対面で説明し、紙の契約書で締結をしていた。

 これらは世界的に商習慣のスタンダードだったが、2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって状況は一変した。日本においては同年4月の緊急事態宣言をきっかけに外出の自粛が一般化し、対面での営業活動は営業メンバーや相手先にリスクを負わせる行為となった。

 そこで営業活動のオンライン化とオンライン営業を支援するSaaSが普及した。2020年と2021年の変化を見る。

インサイドセールス/オンラインセールスカオスマップを公開

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。