ニュース
» 2021年01月26日 13時56分 公開

3割が志望業界や業種を変更、ジェイックが新型コロナの就職活動への影響を調査

ジェイックは、「新型コロナウイルスによる就職活動への影響に関する状況調査」の結果を発表した。3割程度が新型コロナウイルスの影響によって志望業界や業種を変えており、企業の将来性を重視する学生の割合が高かった。

[キーマンズネット]

 ジェイックは2021年1月22日、「新型コロナウイルスによる就職活動への影響に関する状況調査」の結果を発表した。2021年3月卒業予定と2022年3月卒業予定の学生が対象で、それぞれ210人と117人から有効回答を得た。

コロナ禍で学生は企業の何を重視しているのか?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって志望業界や業種を変えたかとの質問に「変えた」と回答した割合は、2021年卒業予定の学生の31.4%、2022年卒業予定の28.2%だった。ジェイックでは、卒業予定年度にかかわらず、学生は新型コロナウイルス感染症の感染拡大が企業や社会に与えた影響を目の当たりにして、志望する業界や業種を見直したと分析している。さらに、2022年卒業予定の学生は、2021年卒業予定の学生が就職活動をする様子を見ており、今後志望業界や業種を変更する可能性があると同社は見ている。

コロナ禍で志望業界を変えたか(出典:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。