ニュース
» 2021年01月25日 18時00分 公開

テレワーク時代に最適な研修ツールは? オンライン研修ツール5選、機能と特長を解説

オンライン採用の導入やWeb会議にテレワーク……組織とビジネス現場のリモート化が進むなか、懸念されるのが社員間や経営層と雇用者層でのコミュニケーション不足やサポート機能低下による意欲喪失、ひいては社員の早期離脱といった課題だ。「オンライン研修」はそんな不安にどう応えてくれるだろうか。

[土肥正弘,キーマンズネット]

オンライン研修の成果と2021年度の研修方式検討状況

 2020年度はコロナ禍によって研修のオンライン化ケースが進んだが、従来のオフライン型の集合研修(以下、集合研修と呼ぶ)との違いにまだ戸惑う企業も多いようだ。総務専門誌「月刊総務」によるアンケート(2020年12月7日〜16日に実施)では、調査対象企業の73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、59%は対面研修に戻したいと考えているという。

 また貸し会議室事業者のマックスパートが2020年12月16〜23日に実施したネット調査では、オンライン研修の実施企業は約70%だったが、回答者に「集合型研修と比較してオンライン研修ではどのような変化があったか」と尋ねたところ、以下図のような回答結果となった。

2020年12月「コロナ禍の研修に関する調査アンケート」プレスリリース(マックスパート)

 研修成果が向上したとの回答よりも、低下したと感じているケースが少し多いようだ。だが、オンライン研修を一部であっても続けたい、続けなければならないと考える企業は多い。同調査では、2021年の研修で検討している実施形態についても尋ねており、19.1%がオフライン研修と答えている以外は、30.34%が完全オンライン化、50.56%がハイブリッド型(参加者の一部は会場で参加、一部はオンラインで参加)を検討していることが示されている。

2020年12月「コロナ禍の研修に関する調査アンケート」プレスリリース(マックスパート)

 こうした調査結果にも見られる通り、オンライン研修には良いことばかりではなく、デメリットもある。現実的に集合研修の実施が2021年も難しいと予測される現状では、オンライン研修のメリットを最大限活用しながらデメリットを避ける工夫をしていくべきというのが、一般的な認識になっているようだ。

オンライン研修のメリットとデメリット

 一般的なオンライン研修のメリットとデメリットを整理しておこう。

【オンライン研修の主なメリット】

  • 集団研修会場への移動時間と交通費が節約できる
  • 会場予約・設営のための時間・コストが発生しない
  • 集団研修会場の座席などの要因による講義視聴難易度に差が出ない
  • 本社などから遠い地域の従業員にも均一な内容の研修が行える
  • ストックされた資料・映像などの再利用が可能で新規教材などの作成コストが削減できる
  • 社内講師・外部講師の出張コストがかからない
  • チャットなどにより集団研修では難しいコミュニケーションが手軽にとれる

【オンライン研修の主なデメリット】

  • 利用する端末やネットワークの品質・性能により受講の快適さに差が生じる
  • 講師側から受講者の理解度や集中度合いが分かりにくい
  • 講師以外から研修参加者全体への発言が難しく、質疑応答が十分にできない
  • 講師と受講者、受講者と受講者とのインフォーマルな関係性がつくれない
  • グループワーク、プレゼンテーション、実技に関するトレーニングがしにくい

オンライン研修で見えた課題は?

 テレワークでWeb会議などを利用した経験があれば、これらメリットとデメリットの多くは直感的に理解できるものと思う。コスト面や研修内容の平準化の面ではオンライン研修は非常に有効な手法になるが、研修の質や効果の面では集団研修にまだ及ばない面があるといえるだろう。集合研修との大きな違いは、講師から受講者に内容を伝える一方通行の講義になりがちな点にある。それを埋めるためにチャットの活用などの工夫がされ、集合研修ではできなかったコミュニケーションが可能になる場合はあるものの、それは集合研修でのリアルな出会いや会話で醸し出されるインフォーマルな関係性を生み出すところまではなかなか難しい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。