ニュース
» 2021年01月25日 07時00分 公開

RPAで事務処理の9割以上を削減、業務に「全集中」できる経理部門に変えた2つの取り組み

ITサービス事業とエンジニアの派遣事業を中核とする日本ディクスは、収支表の作成とエンジニアの派遣先への請求処理に毎月多くの時間を費やしていたが、RPAを活用した2つの策によって工数を大幅に削減できたという。その策とは。

[キーマンズネット]

 ITサービス事業を軸とする日本ディクスは、クラウドERP「ZAC」とRPA(Robotic Process Automation)を組み合わせることで、1日当たり延べ150分の作業時間を削減、1カ月当たり200分かかっていた派遣エンジニアの給与処理の作業を15〜20分にまで短縮した。本稿では、その結果に至るまでの道筋を紹介する。

業務を圧迫する事務処理の9割以上を削減、RPAをどう使ったか

 システム開発などを手掛ける日本ディクスは、専門性を要する業務に従事する従業員が自身の業務に、より専念できる体制の構築を進めている。そのきっかけは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として導入したテレワークだった。

 テレワークによって開発部門のメンバーは本業に集中できる環境が手に入ったが、経理部門の担当者は日々のルーティーン作業が自身の業務を圧迫し、自業務に“全集中”したくてもできない状況にあった。そこで、クラウドERPのZACとRPAを組み合わせ、経理業務における2つの作業を自動化することを考えた。

日本ディクスの作業の様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。