ニュース
» 2021年01月19日 13時00分 公開

「無償プラン」から有償契約をした理由、しなかった理由 2021年に伸びるSaaSとは

キーマンズネット会員866人を対象に「勤務先のSaaS導入状況」を調査した。コロナ禍中に提供されたSaaSの無償プランを、企業はどのように扱ったのか。その結果から見えた注目のSaaSとは。

[キーマンズネット]

 キーマンズネット編集部は2021年に注目すべきトピックスとして「セキュリティ」「SaaS」「テレワークインフラとデバイス管理」「従業員コミュニケーション」「オフィス」「デジタルスキル」「人事制度」の7つのトピックスを抽出し、読者調査を実施した(実施期間:2020年11月10日〜12月11日、有効回答数866件)。企業における2021年のIT投資意向と併せて調査結果を全8回でお届けする。

 第2回は「SaaS型業務アプリケーション」の調査結果を見ていく。

調査サマリー

  • 多くのユーザーは現在利用しているSaaSに「概ね満足している」
  • 「無償プラン」から有償契約をした理由、しなかった理由
  • SaaS導入の決め手は「トップダウン」、最も導入されたのは?

この1年、SaaSはどのように使われたか

 現在利用しているSaaSに満足しているかどうかを聞いたところ、最も多かった回答が「おおむね満足している」(44.7%)だった(「SaaSは使っていない」は25.6%)。

 「おおむね満足している」「全体的に満足している(5.1%)」とした回答者からは「過不足なくコストパフォーマンスがいい」や「オンプレミスよりも管理の負担が減り、障害時も復旧までのめどが立てやすくなった」などの声が寄せられた。複数の回答者から「テレワークへの移行がしやすかった」という回答があり、SaaSが働き方改革に寄与したことが見て取れた。

 「一部に不満がある(19.3%)」「不満が多い(5.3%)」とした回答者からは、SaaSそのものへの不満と組織に対する不満の声が上がった。

 SaaSに対する不満には「動作が重い」や「複数のSaaSに重複する機能があり、二重投資になっている」「思っていたよりもコストがかさむ」といった声があった。組織に対する不満としては「自社製品の営業活動のつきあいで導入したため、業務内容に合わない」「使いこなせる人材がおらず、導入したSaaSが有効に活用されていない」などの声が上がった。

「無償プラン」から有償契約をした理由、しなかった理由

 2020年のコロナ禍では企業支援を目的として、さまざまなソフトウェアベンダーが自社の製品やサービスの一部を無償で提供した。それらはどの程度企業に定着したか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。