特集
» 2021年01月15日 10時00分 公開

多品種帳票の自動処理:IQ BotとTegakiの最新情報

[元廣妙子,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

手書きの文字を高い精度で検出できるOCRエンジン・Tegakiと、RPAのグローバルリーダー・Automation Anywhereとの一体型ソリューションが発売されます。固定帳票はもちろん、多品種の準定型帳票を扱う業務がどれほど簡単な事前設定で自動化できるか、デモンストレーションを用いてご説明いただきました。

■記事内目次

  • 会社紹介・製品紹介
  • 一体型プラットフォームに組み込まれている「IQ Bot」の強み
  • 自動化ソリューションとしての「IQ Bot」の強み
  • IQ Bot×Tegakiで可能になること
  • まとめ
  • ソフトバンクからサービスのご紹介

会社紹介・製品紹介

佐野千紘氏(オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 セールスエンジニアリング本部 シニアソリューションセールスエンジニア): ご視聴いただきましてありがとうございます。オートメーション・エニウェア、セールスエンジニアの佐野千紘と申します。本日は「多品種帳票の自動処理:IQ BotとTegakiの最新情報」というタイトルでお話をさせていただきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。