ニュース
» 2020年12月28日 15時00分 公開

2021年は「地方在住型ワーク」が流行?「働き方トレンド予想ランキング 2021」

ランサーズは、「働き方トレンドランキング 2020」と「働き方トレンド予想ランキング 2021」を発表した。2020年に特に話題になったものは「テレワーク」、2021年に流行しそうなものは「地方在住型ワーク」だった。

[キーマンズネット]

 ランサーズは2020年12月16日、「働き方トレンドランキング 2020」と「働き方トレンド予想ランキング 2021」を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で働き方の多様化が急速に進む中、2020年に話題になった働き方や2021年に流行しそうな働き方を、同社が運営するフリーランス向けの仕事マッチングサービス「Lancers」の登録者を対象に調査した。

あわせて読みたい!関連特集

 まず、2020年11月3〜25日に、副業やフリーランスを始めるなど、2020年に働き方を変えたかどうかを聞き、1207人から有効回答を得たところ、副業、転職などをした回答者は4割近くに及んだ。

2020年に働き方を変えたか(プレスリリースより引用)

 次に、2020年12月3〜6日に、2020年に話題になった働き方に関する33個のキーワードをランサーズが挙げ、その中から特に話題になったと思うものを選んでもらい、470人から有効回答を得た。結果は、「テレワーク」を選んだ人の割合が最も高く、87.2%だった。次いで「オンライン会議」が56.6%、「副業」が40.0%だった(複数選択)。

テレワークなら「都市部に住みながら地元企業で働く」ができる?

 同様に、2021年に話題になりそうな働き方に関する16個のキーワード中で特に流行しそうなものを選んでもらうと、トップは「地方在住型ワーク」で、57.7%の人が選択した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。