ニュース
» 2020年12月25日 08時00分 公開

人気アプリにまさかの落とし穴? スパイウェア疑惑で大炎上:593rd Lap

国産のスマホ専用Webブラウザアプリ「Smooz」に「スパイウェア疑惑」が持ち上がり大きな話題を呼んでいる。その詳細とは――?

[キーマンズネット]

 スマホ専用Webブラウザアプリ「Smooz」に「スパイウェア疑惑」が持ち上がった。

 SmoozはiPhoneおよびAndroidに対応し、App StoreとGoogle Playで配信されている。画面をなぞるだけで、機能を呼び出すジェスチャー機能による操作が主体で、片手でスマホを持っていても操作しやすい点がウリの、スマホ専用のWebブラウザアプリだ。2020年11月時点で210万ダウンロードもあったアプリに炎上騒動が起きた……。その詳細とは――?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。