ニュース
» 2020年12月24日 10時00分 公開

従業員のストレスを数値化してアラート通知 メンタルヘルスサービスで「コロナ鬱」を防げ

コロナ禍をきっかけにテレワークが急速に普及した。完全な収束の見通しが立たない中、リモートで働く従業員のメンタルマネジメントが課題になっている。

[キーマンズネット]

 NTTデータは2020年12月23日、従業員の健康を管理する企業向けクラウド型健康管理システム「HealthDataBank」にストレス変調を把握できる「パルスサーベイメニュー」を追加し、2021年1月に販売を開始すると発表した。

HealthDataBankにおけるパルスサーベイメニューの活用イメージ(出典:NTTデータ)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてテレワークを導入する企業が増え、運動不足など生活リズムの乱れやコミュニケーション不足によるストレス増加といった健康課題が生じている。パルスサーベイメニューは、こうした課題の解決に向けて、対面コミュニケーションに頼らずに対策するためのサービスだ。

「すぐに対応するべき従業員」「要注意組織」の可視化も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。