ニュース
» 2020年12月24日 08時00分 公開

「RPA向き」の仕事はどこにある? 年間400時間の業務削減事例から考える

労働人口の減少による人員確保の難化は、今後あらゆる企業が向き合う課題になる。それにいち早く取り組んだ企業が、年間400時間もの業務効率化を果たした。RPAによる自動化に適した「ムダな業務」はどこにあったのか。

[キーマンズネット]

 Works Human Intelligence(以下、ワークスHI)は2020年12月23日、キャプティがNTTデータのRPA(Robotic Process Automation)ツール「WinActor」を導入するに当たって、ワークスHIの「ロボット作成代行サービス」と「インストラクターサービス」を採用したと発表した。

RPAで自動化した、データ加工業務の一例(出典:ワークスHI)

 キャプティでは人員の高齢化が進んでいるが、少子化の影響で新規採用による人員補填が困難となっていた、そこでRPAを導入したところ、年間約400時間の業務時間を削減できたという。

自動化によって削減された「400時間」はどこにあったのか

 キャプティは、ワークスHIの人事向けERPパッケージ「COMPANY」を利用している。同社では従業員がPCにログイン/ログオフした時刻を勤怠管理システム「COMPANY 就労・プロジェクト管理」で管理していたが、ログインやログオフの時刻データをCOMPANY向けに手作業で変換する必要があり、人事担当者の負担となっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。