ニュース
» 2020年12月23日 10時00分 公開

DNPの「ニューノーマル時代の人事制度」は今の働き方をどこまで変えるか

DNPは人事制度改革第3弾の実施を発表した。ニューノーマル時代の働き方と新しいマネジメントや、複線型キャリア制度の導入と専門職制度の拡充、ダイバーシティー関連制度の拡充を主な柱とする。

[キーマンズネット]

 大日本印刷(DNP)は2020年12月16日、同社の人事制度改革の第3弾として、ニューノーマル(新常態)に求められる働き方やマネジメントの在り方を見直すと明らかにした。将来的なジョブ型処遇を視野に入れ、中堅幹部層を対象にした複線型キャリア制度を導入し、「DNPダイバーシティー宣言」の具現化といった新たな価値の創出を目指して、さまざまな人事制度を具体化するとしている。

 DNPは中長期的な価値の創出に向けて、人事諸制度の設計と再構築を進めている。今回明らかにした人事制度改革は、2019年度に実施した社内外の多彩なキャリアを持つ人材や若手社員、ICT人材を対象にした制度改定と、2020年度のシニア層が多様な働き方を選べる65歳までの選択定年制の導入や同一労働同一賃金に対応した制度改定に続くものだ。

評価基準、テレワーク手当など新たな人事制度の詳細とは

 今回の人事制度改革第3弾では、ニューノーマル時代の働き方と新しいマネジメント、複線型キャリア制度の導入と専門職制度の拡充、ダイバーシティー関連制度の拡充を主な柱とする。

 ニューノーマル時代に向けては、テレワークを常態化し、定着させる。組織ごとに週の過半を超えての在宅勤務やテレワークを可能とする仕組みを導入する。その対象者には通勤交通費の支給を実費とし、月額3000円の在宅勤務手当を支給する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。