ニュース
» 2020年12月22日 07時00分 公開

電子契約の導入が進まないのは何のせい? 実態調査から原因を探る

ペーパーロジックが発表した「電子契約」に関する実態調査の結果によると、63.3%の企業が電子契約を導入済みだった。未導入でも、その63.6%が電子契約に興味があると回答した。

[キーマンズネット]

 ペーパーロジックは2020年12月18日、「電子契約」に関する実態調査の結果を発表した。東京都内に住み、法務や財務、経理、人事部門に所属している会社員108人を対象とした。

「電子契約に興味なし」一番のボトルネックは何か?

 まず、電子契約の認知度に関する質問項目では、「電子契約を知っている」と回答した人の割合は83.3%だった。これらの人に対して、勤務先業での電子契約導入の有無を聞くと、「導入済」と回答した割合は63.3%、「未導入・把握していない」が36.7%だった(図1)。

図1 勤務先で電子契約を導入しているか

 次に、「未導入・把握していない」と回答した人に、「会社で電子契約を導入することに興味はあるか」と尋ねると、「興味はある」と回答した割合は63.6%だった。その理由としては、「業務効率化」を挙げた割合が最も高く90.5%(複数回答)。次いで「印紙税の削減」と「文書保管費用の削減」がどちらも66.7%だった(図2)。

図2 電子契約のどのような点に興味があるか

 これに対して「電子契約に興味がない」とした人は、何がボトルネックとなっているのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。