ニュース
» 2020年12月17日 07時00分 公開

“危険な”取引先をAIが自動選別、RPA企業とSBI証券が組んだコンプラチェックサービスとは

オープンアソシエイツは、「RoboRoboコンプライアンスチェック」を開発した。取引先を一括登録すると、AIが取引先に関連した記事を自動選別し、リスク度を3段階で表示する。上場企業や上場準備企業のコンプライアンスチェック業務を最大98%効率化する。

[キーマンズネット]

「コンプラ違反」で倒産件数は右肩上がり

 帝国データバンクによると、コンプライアンス違反に伴う倒産件数は、2003年が43件だったのに対して、2019年は225件に増加した。このように企業リスクへの対策としてコンプライアンスチェックの重要性が高まっている。

 ところが、オープンアソシエイツが実施したコンプライアンスチェック業務に関する調査によると、業務の負荷が課題だと考えている企業の割合が60%を占めた。コンプライアンスチェックでは、取引先に対して1件ずつチェックする必要があり、取引先に関連する記事を検索した上でそれを目視確認したり、その確認結果を保存したりする。最近では作業が増え続け、コンプライアンスチェック担当者の負荷が高まり、通常の業務を逼迫している。

上場企業品質のコンプライアンスチェックをクラウドで

 コンプライアンスチェック業務における課題について、オープンアソシエイツが総務、法務担当者様484社へのヒアリング調査によれば、「増え続ける取引先1件1件のチェック(検索)が増え担当者が疲弊している」「検索結果に出てくる記事の目視確認が大変」「チェック(検索)結果の証跡(エビデンス)保存作業がとにかく面倒」といったことが挙がった。

コンプライアンスチェック業務における課題(出典:オープンソースアソシエイツ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。