ニュース
» 2020年12月11日 07時00分 公開

「モノの管理」から「ユーザー中心の管理」へ、Device as a ServiceでIT管理者はどこまでラクになるのか

Device as a ServiceはPC運用を簡素化するだけでなく、IT担当者を「モノの管理」から解放する手段でもある。Device as a ServiceでIT管理者はどこまでラクできるのか?

[松尾太輔,横河レンタ・リース]

 連載第3回となる本稿では、日本マイクロソフトが提唱し、段階的に進めるDevice as a ServiceのSTEP2「ユーザー中心の管理モデル」について解説します。第2回で説明したSTEP1では、Device as a Serviceによってハードウェアとソフトウェア、クラウドサービスを一括月額で調達することで、人材の流動性を考慮し、短期利用ニーズに合った調達が必要だと解説しました。レンタルPCを基礎としたこのSTEP1を基に、PCの調達、運用をさらに簡素化するための考え方がSTEP2となります。

マイクロソフトが提唱するDevice as a Serviceの運用に関する4つのステップ(資料提供:日本マイクロソフト)

著者プロフィール:松尾太輔(横河レンタ・リース)

自社開発ソフトウェア「Flex Work Place」の開発責任者を務める。「デバイスをサービスとして提供するとはどういうことか」「モノのサブスクの本質とは何か」「企業のPC運用のベストプラクティスとは何なのか」を問い続けながら、「Windows 10」の導入コンサルティング、Device as a Serviceの啓蒙(けいもう)活動を行う。


Device as a ServiceでIDをベースとした「ユーザー中心のPC管理」へ

 「as a Service」の大原則は、あくまで人にサービスを提供するということです。つまり、第1回で述べたDevice as a Serviceのキーワード「ユーザーへ直接」ということです。現在のPC運用は調達から運用の全てをIT管理者が担っていますが、Device as a Serviceはベンダーと従業員が直接つながり、PC調達から運用までを事業者が「サービス」として提供するものです。社内のIT管理者が面倒をみていたものが、Device as a Serviceでは社外の人(サービス提供事業者)が面倒を見るようになるということです。社外の人が顔も知らない従業員の端末の面倒を見るわけですから、IDを基にして全てを管理する必要があります。ユーザー認証もIDをベースにする必要があるのです。

 となれば、セキュリティもIDベースのゼロトラストを前提に考える必要があります。デバイスの供給から運用までをIDベースで管理することで、PCの運用管理を簡素化できます。IDをベースとすることがユーザー中心の管理の第一歩です。

Device as a Serviceのコストにまつわる誤解とは

 PCなどのハードウェアとソフトウェア、クラウドサービスを一括月額で調達するのがSTEP1、STEP2でPC運用をユーザー中心の管理に乗せることで、IT管理者の負担を軽減します。第1回でも触れましたが、モノの管理、資産管理(在庫管理)は、IT管理者にとって相当な負担です。モノを調達して運用するという思考からモノの調達、運用をサービスとして受けるという思考に変えることでIT担当者の負担の軽減を可能にします。

 入社した人が試用期間の3カ月で辞めてしまって、せっかく調達したPCが無駄になったという経験をしたIT管理者もいるでしょう。その場合、せっかく新規調達したPCを他の従業員に回すという発想になりがちですが、それでは資産管理(在庫管理)が発生してIT管理者の大きな負担になり、悪循環を招きます。人材の流動性を考慮して短期ニーズに合わせたPC調達であれば、人材の出入りに合わせてDevice as a Serviceを契約、解約するだけで済み、無駄な資産管理は必要なくなるのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。