ニュース
» 2020年12月04日 07時00分 公開

追い風の電子契約サービス市場、今の勢いをどこまで持続できるか?

COVID-19の影響により、バックオフィスのデジタル化が勢いを増している。政府の後押しもあり、電子契約サービス市場は堅調に成長している。この勢いをどこまで維持できるのだろうか。

[キーマンズネット]

 矢野経済研究所は2020年11月24日、国内の電子契約サービス市場に関する調査結果を発表した。

電子契約サービス市場、コロナ以外の促進要因は?

 国内電子契約サービス市場は、電子契約サービスの信頼性に対する認知が広がるとともに、雇用条件通知書が電子化されたことなどから、市場は順調に成長している。矢野経済研究所では、2019年の国内電子契約サービス市場の事業者売上高を、対前年比74.4%増の68億円と推計した。

図 電子契約サービス市場規模推移、予測(出典:矢野経済研究所)

 2020年上期には、電子契約サービスを採用したり適用範囲を広げたりした企業が急増した。矢野経済研究所は、GMOインターネットグループが2020年4月に印鑑廃止や取引先との電子契約を表明したことが影響を与えたと見ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。