特集
» 2020年11月25日 08時00分 公開

アナリストが解説、二桁成長が期待される「HCIの最新トレンド」

仮想化基盤として企業での導入検討が進んでいるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。運用管理や拡張性の面でメリットが得られるHCIについて、企業における利用状況や今後の成長率について概観しながら、最新動向を見ていく。

[宝出幸久,IDC Japan]

アナリストプロフィール

宝出幸久(Yukihisa Hode):IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリス

エンタープライズインフラストラクチャ市場調査グループにおいて、ハイパーコンバージドインフラストラクチャやコンバージドシステムの市場動向分析や市場予測などを担当。この他、Software-Defined Storage、ファイル/オブジェクトストレージなどストレージ市場における新規分野の調査も担当している。IDC Japanでは、エンタープライズストレージシステムの市場動向分析と市場予測のほか、産業分野別の分析と市場予測などを担当、ストレージ市場における新規分野の調査を担当し、国内市場調査プログラムの拡充に貢献した。


利用率が25%、9割以上の認知度を誇るHCI

 Software-Definedの技術を駆使し、垂直統合型のインフラとして注目されているHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。2000年代後半に登場し、今ではプライベートクラウドやサーバ仮想化基盤として、そしてVDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)などにおいて利用されている。

 IDCは2020年7月にHCIの利用状況に関するアンケート調査を実施した。その調査結果によれば、HCIの利用率が25.0%に達していることが明らかになった。2019年2月での調査結果では利用率がおよそ22%であったが、そこから着実に導入企業が増加しており、今やアーリーマジョリティーの普及期にあるといえる。HCIを知らない人が1割にも満たないほどの認知度となり、HCIは多くの人が知る一般的なソリューションとなった。

 また同調査でHCIの利用意向についてもヒアリングしたところ、回答者の66.9%が「今後利用したい」と回答した。今や仮想化基盤が広く普及したことで、それを支えるインフラの運用負担を最小限に抑え、自社のビジネスに人的リソースを振り分けていきたいと考える企業が多いことが要因の一つだと考えられる。以前は自社に最適な仮想化基盤を構築することがIT部門の腕の見せ所だったが、今ではできる限り迅速かつシンプルな構成で導入、運用できる基盤が望まれているといえる。

 HCIの導入によって得られた効果については、迅速な導入をはじめ、パフォーマンスや拡張性の向上といった項目が上位に上がった。HCIの導入効果の貢献割合では、ビジネス生産性の向上に関する項目が66.0%、ITスタッフ生産性の向上に関する項目が11.2%、ITインフラ支出の削減に関する項目が22.8%となり、ビジネス生産性の向上の貢献度が最も高い結果となった。

図1:HCIの導入効果を得られた項目 図1:HCIの導入効果を得られた項目(出典:IDC Japan)

HCIのベンダーシェア動向

 今回の調査とは別に、HCIに関するベンダシェアの調査も実施しており、2020年11月に最新版の「国内ハイパーコンバージドシステム市場シェア、2020年上半期:システムベンダーのシェアが拮抗」を発表した。IDCでは、アプライアンスを提供するベンダーに基づいた分類と、HCIに搭載されたソフトウェアに基づいた分類の2つの見方で、ベンダー別の出荷動向の調査を行った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。