ニュース
» 2020年11月20日 06時00分 公開

Intel製CPUに新たな脆弱性見つかる? 電力監視機能に注意せよ:588th Lap

CPUの「老舗」とも言えるIntel製CPUに新たな脆弱性が見つかり話題になっている。いったい、どういったものなのだろうか?

[ITmedia]

 昨今、CPUを取り巻く話題としては、Appleが自社開発のSoC(System on a Chip)「Apple M1」を搭載したMacBookシリーズを発表したり、ソニーが新型据え置きゲーム機「Play Station 5」のCPUにAMDの「x86-64-AMD Ryzen“Zen 2”」が採用されたりといったことが取り沙汰されている。

 しかしCPUといえば「Core iシリーズ」を順調に第10世代まで送り出してきたIntelのことを忘れるわけにはいかない。昨今ではAMD「Ryzenシリーズ」を搭載するPCも少なくないとはいえ、PCおよびサーバ向けのCPUとしてCore iシリーズはシェア上位を維持している。

 すでにCore iシリーズは第11世代(コードネーム「Tiger Lake」)も正式発表されているが、ここにきて脆弱(ぜいじゃく)性に関する問題が持ち上がってきた。それはいったい──?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。