ニュース
» 2020年11月20日 07時00分 公開

「Device as a ServiceはPCのサブスク」が間違っているワケ

PCを月額課金で利用できるDevice as a Serviceは「単なるPCのサブスクだ」と捉えられがちだが、それは間違いだ。それには理由がある。Device as a Serviceを正しく理解するために、4つのステップに分けて解説する。

[松尾太輔,横河レンタ・リース]

 本連載(全5回)は「4つのステップから学ぶ『Device as a Service』の教科書」と題し、「Device as a Service」を正しく理解するために、4つのステップに分けて解説します。Device as a Serviceの誤った認識を解くとともに理解を深める一助に、また、まだ続くとみられるコロナ禍において、IT管理者とユーザー双方のPC運用における負担が少しでも軽減できればと考えます。

著者プロフィール:松尾太輔(横河レンタ・リース)

自社開発ソフトウェア「Flex Work Place」の開発責任者を務める。「デバイスをサービスとして提供するとはどういうことか」「モノのサブスクの本質とは何か」「企業のPC運用のベストプラクティスとは何なのか」を問い続けながら、「Windows 10」の導入コンサルティング、Device as a Serviceの啓蒙(けいもう)活動を行う。


PCリプレースのためだけに「決死の出社」はもうやめよう

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、今、世の中が劇的に変化しています。働き方の中心はテレワークとなり、会議やミーティングはオンラインにシフトし、オフィスに出社するのも、客先に出向くのも数週間に一度という人も珍しくありません。そんな働き方のメインツールが「PC」です。

 このデジタル社会において、PCはナレッジワーカーの必需品でしたが、テレワーク中心の働き方において、よりその重要性が高まっています。PCの性能は仕事の生産性を大きく左右するものです。万が一故障して使えなくなったとなれば、仕事になりません。オフィスに通勤していた頃であれば、PCが壊れても同僚とおしゃべりなどをして過ごせば良かったのですが、在宅勤務などのテレワークではそうもいきません。PCが壊れたら、何もすることはできません。

 コロナ禍以前から、業務のデジタル化は加速度的に進んでいましたが、このコロナ禍により、より顕著に、爆発的にデジタル化が進みました。MicrosoftのCEOであるサティア・ナデラ氏が「2カ月で2年間分のデジタル変革が起きた」と表現するほどのスピードです。この流れに合わせて、今後、世の中のあらゆるものがデジタル化されていきます。紙やハンコなどの物理的なモノをなくし、あらゆるものをデジタル化してオンラインで処理できるようになれば、人と人との物理的な接触機会を減らすことができ、COVID-19の感染リスクを抑えられます。ニューノーマルの始まりです。

 しかしながら、働き方のメインツールであるPCの運用は旧態依然としており、故障したら、たとえ緊急事態宣言下であろうとも、COVID-19の感染のリスクを冒してでも電車でオフィスに向かわなければなりません。それは、故障したPCの持ち主だけではありません。ベンダーに修理交換を依頼するIT部門の担当者もオフィスに向かう必要があります。社内ミーティングも顧客訪問もオンラインで代替できるのに、です。PCが物理的な“モノ”である以上、オンラインで対応することはできません。

なぜ「Device as a Service=PCのサブスク」は誤解なのか

 そうした背景があり、PCのライフサイクルマネジメント手法としてDevice as a Serviceに注目が集まりつつあります。「as a Service」とは、直訳すれば「サービスとしての」という意味です。では「サービスとしてのデバイス」とは、何を言うのでしょうか。それは「運用された状態のデバイスを直接ユーザーに提供する」ということに他なりません。つまり、「デバイスをサービスとして受ける」ということです。Device as a ServiceはPCのサブスクと考えられがちですが、実はそうではありません。「PCを月額課金で利用できる」のが本質的なメリットではないのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。