ニュース
» 2020年11月13日 06時00分 公開

Webブラウザ戦争再燃か、“一強”と思われたChromeのシェアがジワジワ減少?:587th Lap

Webブラウザのシェア情勢が徐々に変化しているという。その詳細とは。

[キーマンズネット]

 インターネットが普及してから何度か「Webブラウザ戦争」が繰り返されてきたが、時代の情勢に合わせてシェアは大きく変化してきた。

 変遷の激しいWebブラウザのシェア争いではあるが、2020年も終盤を迎えた現在、またもや大きな動きがある。ここ最近は、一強とされてきた「Google Chrome」に影が差し始めたという。あのブラウザが覇権を握ろうとしているというのだが、シェア争いに何が起こったのか……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。