ニュース
» 2020年11月10日 09時00分 公開

これからどうなる5G 日本での活用方法は……「おすし」?【最新事例集】

本格利用の始まった5G。世界各国の5G活用事例を紹介する。

[加山恵美,キーマンズネット]

 2020年10月に5G対応の新型「iPhone」が発売され5Gは身近なものになりつつある。本稿では、ローカル5Gとモバイルエッジコンピューティング、ネットワークスライシング、Open RANなどを中心に、企業向け5G事例と今後の展望をITRのチーフ・アナリスト、マーク・アインシュタイン氏が解説する。

世界各国の5G活用事例

 Vodafoneでは、教育向けの拡張現実(AR)や仮想現実(VR)ソリューションに5Gのスタンドアロンネットワークを活用している。これまでは、AR、VR機器はケーブルでPCなどと接続していたために、動きづらいなどの問題があったが、ワイヤレスになったことで利便性が大きく向上した。

 ベライゾン・コミュニケーションズは地図データ事業者のHEREと協力し、交通分野で精度の高い地図情報サービスを提供している。渋滞情報などを正確かつ迅速に地図に反映している。

 ノルウェーでは日本に多く出荷されているサケの養殖が盛んで、これまでは4Gでモニタリングをしていたが、通信回線を5Gにしたことで、より詳細なデータを取得できるようになった。監視画像が鮮明になることでエサを食べている様子や健康状態をすぐに把握できるという。

 韓国のKorea Telecomは、緊急事態向けの5G活用の準備を進めている。例えば、自然災害でモバイルネットワークが寸断された地域があれば、飛行船からシグナルを送信してモバイル通信を可能にする。他にもドローンで医療物資や食料を届けることも計画している。

 同じく韓国のSK Telecomは5Gでデジタルツインを実現している。これまでも重工業分野においてデジタルツインの活用が進んでいたが、5Gを活用して、デジタルツインによるモニタリング環境を実現した。関係者によると、実際に事故防止につながったという。

 また、オランダのT-Mobileではロボットアームを用いて遠隔で入れ墨の施術を成功させた。これは5Gの低遅延性が寄与し、遠隔医療へと発展が期待されている。特に新型コロナウイルス感染症患者を非接触治療したり、遠隔地から外科手術をしたりするなど、医療の可能性を広げそうだ。

 新型コロナウイルス感染症との関連についても触れておこう。2020年は世界中が新型コロナウイルス感染症に翻弄(ほんろう)され、日本における5G展開にも少なからず影響を与えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。