ニュース
» 2020年11月09日 07時00分 公開

オンライン面接で応募者の心をつかむには? Web面接ツールでできること、起こりがちなトラブルとは

企業にも“3密回避”の行動が求められる中、そろそろ本格的に採用活動のオンラインシフトを考えなければならない。オンライン面接で応募者を引き付けるにはどうすればいいか。起こりがちなトラブルとは。本特集で詳細を解説する。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 コロナ禍で企業の採用活動は大きく様変わりした。緊急事態宣言中は、ZoomなどのWeb会議ツールで対応するなど、急ごしらえの体制でオンライン面接を実施した企業もあったというが、今は2022年の新卒採用や不定期の中途採用に向けて、本格的に面接のオンライン化が急がれるところだ。

 しかし、採用フローは多岐にわたり、中には選考にグループディスカッションなどを組み込む企業もある。これからオンラインを前提とした採用活動が常態化する可能性もある中で、まだ“手探り状態”の企業も少なくないだろう。そこで、本特集では、オンライン面接ツールを活用した面接とそのフロー、応募者に印象の良い面接の在り方、オンライン面接で起こりがちなトラブルと注意ポイントなどについて解説する。

本格運用フェーズに入ったオンライン面接

 COVID-19以前は、オンライン面接は主に遠方に住む求職者に対する面接手段として考えられていたが、COVID-19の流行により、オンライン面接は当たり前のものになりつつある。オンライン面接ツール「インタビューメーカー」を提供するスタジアムが顧客企業に対して実施した調査によれば、2020年期におけるオンライン面接の実施件数は、2020年1〜3月期は2019年同期の約6倍、2020年4〜6月は約40倍と、急増したという。しかもオンライン面接の実施が「今回初めて」という企業が約7割を占めたという。また、「次年度の面接開催意向」についてのアンケート調査によれば、回答者のおよそ89%の企業が次年度も「対面面接/Web面接を併用」する意向だと回答したという。

図1 次年度以降の面接の開催意向(調査対象:1269社、有効回答数:110件)(資料提供:スタジアム)

 オンライン面接は、対面の面接とは勝手が異なり「求職者の表情が画面越しでは正確に読み取れない」「求職者の雰囲気や人となりが分かりにくい」と不安に感じる採用担当者もいるだろう。しかし、採用業務の負荷やコストの軽減効果、面接時の録画データの活用などといったメリットも期待できる。

 オンライン面接ツールは具体的にどういったことができるのか。スタジアムが提供、開発する「インタビューメーカー」を例に、主な機能を以下に挙げる。

  • カレンダーによる面接スケジュール予約、管理機能
  • 応募者の基本情報(履歴書情報・写真など)の管理、出力機能
  • 面接スケジュールにのっとったオンライン面接実施機能(開始コール、自動接続など)
  • 面接結果のメール通知機能
  • 自動録画機能、録画データ保存・管理機能
  • 採用管理機能(応募者ごとの採用活動ステータス管理、面接実施数や採用率管理、広告管理など)
  • 主要採用管理ツール(ATS)との連携機能
図2 オンライン面接ツールの画面例(「インタビューメーカー」の例)(資料提供:スタジアム)

会社説明会、グループ面接も「フルオンライン」で

 このようなツールは面接の実施だけでなく、オンライン会社説明会や採用関連セミナーなども実施できる。またグループディスカッションなどを含む限定された人数でのグループ面接にも活用可能だ。3密回避や人の移動抑制のため、大勢が集まる会合が開催しにくい状態が今後も続くことが予想されるため、こうしたツールを活用して、できるだけ対面を避けながら採用活動を進めることが当面は求められるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。