ニュース
» 2020年11月02日 07時00分 公開

静脈や顔をおサイフ代わりに 日立の新サービスの仕組みとは?

日立製作所は、「生体認証統合基盤サービス」の提供を始める。生体認証を活用した本人認証やキャッシュレス決済向けのクラウドサービスで、手ぶらでのキャッシュレス決済やチケットレスでの入場などを可能にする。

[キーマンズネット]

 日立製作所(以下、日立)は2020年10月30日、「生体認証統合基盤サービス」の提供を開始した。同サービスは、指静脈や顔、虹彩などによる生体認証を活用した、本人認証やキャッシュレス決済向けのクラウドサービスだ。

サービスの概要図(プレスリリースより引用)

 日立では、2020年12月初旬から同社の横浜事業所で、指静脈情報とクレジットカード情報を関連づけたキャッシュレス決済を導入し、食堂やカフェなどで手ぶらでのキャッシュレス決済を可能にする。キャッシュレス決済の対象施設は、順次拡大する予定だ。

横浜事業所での使用イメージ(プレスリリースより引用)

“おサイフ生体”の仕組みとは

 生体認証統合基盤サービスは、一体どのような仕組みで、生体認証を"おサイフ化”するのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。