ニュース
» 2020年10月14日 07時00分 公開

労働力不足に業務の属人化……課題山積の物流現場を変えたニチレイロジの“仕掛け”とは

業務の属人化に労働力不足。こうした課題が目の前にある中、ニチレイロジグループは持続可能な物流を目指すために、業務のフルデジタル化に舵を切った。その軌跡をたどる。

[齋藤公二,インサイト合同会社]

 「UCHIDA ビジネスITオンラインセミナー」(主催:内田洋行)のセッションで、ニチレイロジグループによる物流DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組み事例が紹介された。

 本稿では、ニチレイロジグループ本社の勝亦 充氏(業務革新推進部 部長代理)と、Automagiの三ツ木 裕隆氏(AIビジネス部 主任)による「ニチレイロジグループ 物流DX取り組み事例!画像認識AIで物流業務改革」の講演内容を紹介する。

「誰でもできて、ストレスフリーに」ニチレイロジの物流DXとは

 ニチレイグループにおいて「低温物流事業」を担う事業会社のニチレイロジグループ。国内外の関連会社を合わせた拠点数は約120カ所、冷蔵保管能力は約200万トンに上る。

 外食、小売、商社、メーカーなど「食」を扱うさまざまな顧客企業を有し、顧客数は5000社以上、売り上げの92%がニチレイグループ外からだ。主な事業は、保管事業(ディストリビューションセンター)、エンジニアリング事業(施設・設備の設計・施工・メンテナンス)、ネットワーク事業(トランスファーセンター、輸配送、3PL)、海外事業で、コールドチェーン(低温流通体系)の川上から川下まで幅広く事業を展開する。

 そんなニチレイロジグループが抱えていた課題が「労働力不足」だ。人手不足が深刻化し、労働時間の短縮とワークスタイルの改革、女性活躍の推進に取り組んできた。勝亦氏は、「労働力不足が懸念される中、今の業務を熟練者でなくてもできるようにし、ストレスフリーな仕事に変え、運営を効率化することが必要です。これにより、お客さまのサプライチェーンを支える持続可能な物流を目指しています」と説明する。

 また「デジタル化の遅れ」も課題だった。同社では保管台帳や輸配送、EDI(電子データ交換)や請求、会計などさまざまなシステムを運用している。だが、現場作業の多くは紙ベースであり、紙の整理や現場への搬送、検品の記帳、事務所への搬送、WMS(在庫管理システム)への計上などの作業が大きな負担になっていた。そこで、物流と事務作業の「フルデジタル化」を目指したという。

紙ベースの仕事をフルデジタル化にする(資料提供;内田洋行)

 こうした課題を解消するために、物流DX施策として「ペーパレス化」「誰でもできる化」「無人・省人化」「待機問題」「事務効率化」「先端技術の追求」の6つの項目に対する取り組みの推進を決めた。加えて、これら6つの施策を支える基盤として「どこでもできる化」がある。

 セミナーでは、この6つの施策のうち、ペーパレス化の取り組みとして「庫内作業のデジタル化」と、先端技術の追求に対する施策「画像認識AI(人工知能)の活用」の2つの取り組みについて解説された。

ほとんどが手作業だった……“アナログな物流”からの脱却

 まずは、庫内作業のデジタル化に対する取り組みだ。ニチレイロジグループでの入荷検品は、紙を使って一つ一つ手作業でチェックするなどアナログな業務実態だったが、この状況を変えるために3年前から業務のデジタル化に取り組んでいた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。