特集
» 2020年10月04日 10時00分 公開

新時代のRPAの在り方とは −RPAのその先へ−

[元廣妙子,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA導入の波も一段落し、さまざまな事例が出つつある中で、これからは新たな時代に向けて、より大きな効果を実現するためにRPAを次のステージに進めていきましょう。 Blue Prismが考える「RPAのその先」として、「クラウド化」と「デジタルタレント」について、先進事例を踏まえつつご説明いただきました。

■記事内目次

  • スピーカー
  • 日本のRPAの現状
  • 新時代のRPAの在り方とは?
  • デジタルワーカーの集約
  • クラウド移行の本格化
  • 訓練されたデジタルタレント
  • まとめ

スピーカー

Blue Prism株式会社 イノベーションセンター エバンジェリスト 市川 義規 氏

日本のRPAの現状

Blue Prismの市川でございます。8月ももう終わりに近づいていますけれども、相変わらずコロナの影響がありまして、私もマスクをつけてこちらでお話しさせていただいています。

今年の2月ぐらいはそこまででもなかったと思いますが、3月ぐらいから在宅や三密を避けるような話が出始めたかと思っております。今もそのままでございまして、やはり薬などが出てこないと、なかなか沈静化しないと思うのですが、できるだけ早く終わってほしいですね。どうしても影響があって今日もこういう形式になってしまっていますけれども、お届けできればと思っております。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。