特集
» 2020年09月30日 08時00分 公開

寡占が続くSDNが描く企業ネットワークの未来

SDNを中心とするネットワーク仮想化/自動化市場について、昨今の情勢からオフィスへの出社を制限する企業も増えていることから、リモート環境を含めたネットワークの柔軟な運用管理を可能とするネットワーク仮想化ソリューションのニーズは今後増加するだろう。本稿では、ベンダー別シェアとネットワーク仮想化に対する取り組みについて概観する。

[草野賢一,IDC Japan]

アナリストプロフィール

草野賢一(Kenichi Kusano):IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャー

国内ルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)、SDN、NFVなど国内ネットワーク機器市場の調査を担当。ベンダー調査に加え、ユーザー調査やチャネル調査にも携わり、それらの調査結果をベースに、国内ネットワーク機器市場の動向を検証、市場動向の分析および予測を提供する他、さまざまなカスタム調査を実施している。IDC Japan入社前は、エンジニアとしてユーザー企業のネットワークの設計、構築を担当。商品企画にも携わる。


クラウド化のニーズによって今後市場はどう変化するか

 国内ネットワーク仮想化/自動化市場について、主にSDN(Software Defined Network)を中心とする市場であるとIDCでは捉え、市場をデータセンター領域と企業ネットワーク領域に分けている。また、ネットワーク仮想化オーバーレイソフトウェアで構成される NVO Software(Network Virtualization Overlay Software)と、ネットワーク仮想化/自動化コントローラーで構成されるController Applianceに分けて、それぞれのベンダー別シェアを見ている。

 まず、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に拡大する前に実施し、2020年4月に発表した国内ネットワーク仮想化/自動化市場と国内NFV(Network Functions Virtualization)市場の予測を見ていこう。

 データセンター領域と企業ネットワーク領域を合わせた国内ネットワーク仮想化/自動化市場において、2019年の実績は572億円だったが、2024年にかけては年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)8.2%で拡大を続けるとIDCは予測する。

 データセンター領域は、2019年では前年比16.3%の二桁成長を遂げており、今後もデータセンター向けネットワーク構築や運用における効率的な手段として成長を続けていくと考えられる。また企業ネットワーク領域においては、2019年度の成長率は8.7%と十分な伸びを示しており、2019年〜2024年のCAGRは7.1%と堅調に拡大すると予測している。

IDC Japan 出典:IDC Japan

 ただし、COVID-19の影響下にあった2020年6月に実施したネットワーク仮想化領域に関する調査によると、テレワークが広がる状況の中で、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Servic)などクラウド活用に重きを置く企業が増加傾向にある。オンプレミス運用が中心のデータセンターに対する投資の優先度が以前よりも低下する可能性を秘めており、オンプレミスのリプレースや次世代化を進めていくべきかどうかを尻込みする担当者が出てきているのが現状だ。

 つまり、順調に成長を続けてきたデータセンター領域におけるSDNは、少し風向きが変わりつつあると見ている。いずれにせよ、クラウド化のニーズが企業ネットワーク環境の変革を後押しする可能性は十分に考えられる。

ネットワーク仮想化のベンダー動向、各領域で高いシェアを占めるのは?

 2019年におけるネットワーク仮想化/自動化プラットフォームのベンダーシェア(売上額ベース)を見ていこう。ソフトウェアとアプライアンスでは構成の違いで売上額も大きく変わってくるため、ここではNVO SoftwareとController Applianceのそれぞれの領域でのベンダーシェアを紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。